脊椎脊髄・しびれ外来


脊髄・末梢神経障害は、頚部痛、手・腕・足のしびれ・痛み、運動麻痺、歩行障害、腰痛など様々な症状が あります。脳・脊髄・末梢神経を系統立てて診察します。治療は安静・投薬・神経ブロックなどの保存的治療から、手術は手術用顕微鏡を用い、患者さんに最適 な術式を選択します。手足のしびれ・痛みなどの症状でお困りの方、また症状が軽くてもご心配な患者さんは些細なことでも構いませんのでご相談下さい。


対象疾患

  • 脊椎脊髄疾患、抹消神経障害
  • 頚椎変性疾患(頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎後縦靭帯骨化症など)
  • 腰椎変性疾患(腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアなど)
  • 胸椎症、黄色靭帯骨化症、脊髄腫瘍、脊髄血管障害、キアリ奇形、脊髄空洞症
  • 頭蓋頚椎移行部病変(環軸椎亜脱臼、頭蓋底陥入症など)
  • 抹消神経障害(手根管症候群、肘部管症候群、腓骨神経麻痺、足根管症候群など)
  • 仙腸関節障害や上殿皮神経障害などの難治性腰痛

担当医師

担当医     :     森本大二郎

 

【経歴】
日本医科大学卒業、医学博士。
釧路労災病院 脳神経外科部長、日本医科大学 脳神経外科助教、日本脳神経外科学会専門医、日本脊髄外科学会指導医、日本脊髄外科学会機関誌「脊髄外科SPINAL SURGERY」論文査読委員、日本仙腸関節研究会幹事