2017年 新年のごあいさつ

明けましておめでとうございます。新年を迎え、謹んでご挨拶申し上げます。

 昨年は大きな災害や社会情勢の変化があり、落ち着かない世相でしたが、皆様のおかげであさひ病院、介護老人保健施設あさひ及び竹の塚あさひ医院は変わりなく運営できました。

 

あさひ病院においては、例年と同じく救急救命士の病院実習、中学生の職場体験や高校生のインターンシップ(疑似実習)などを受け入れ、一方では在日本コレアン医療系学生の老健あさひとあさひ病院見学に対応したりと、対外的業務を堅実にこなしました。また、初めて自衛消防訓練大会に参加(2名の職員)しました。1125日には東京都福祉保健局のあさひ病院立ち入り調査があり、いくつかの指摘ないしは指導を受けましたが、おおむね滞りなく進行することができました。診療面では、あさひ病院の救急車受け入れ応需率を上げるために努力した結果、2016年は80%程度を維持できました。いろいろ制約のある中で大変ですが、円滑な救急車受入れをこれからも推進していきたいと思います。

 

老健は4年目を迎え人事面で多くの変動があったり、入所者の特別養護施設への転所が増えたりと、とても多忙でしたが、地域社会の信頼を得て、しっかり定着しました。

同時に広報活動にも力を入れました。あさひ病院・老健とも紹介パンフレットを新たに作成し、受診者や利用者に最新の情報を提供し、施設利用が正確かつ簡便にできるよう案内しました。また、ホームページの内容もできるだけわかりやすくして、なおかつ一般閲覧者の興味を引くような記事も載せるようにしました。

 

個々人と地域社会とのつながりが薄れ、高齢者の孤独死が社会問題となっている昨今、地元ですぐ診てくれる「かかりつけ医」の存在意義はますます重要になっており、同時に、高齢者の尊厳を保ち、住み慣れた地域でいつまでも健康に過ごせる社会を実現するためには、救急医療をも包含した地域医療中核病院、及び介護・リハビリ施設の存在もまた必要不可欠です。これらは我々の医療の主体であることを肝に銘じて、これからも微力ながら救急・地域医療充実させ、高齢化社会えていけるよう努力をしていきたいと考えています

 

新たな一年が皆様にとってこれまで以上に幸多き年になることを心より祈願いたしまして年頭のご挨拶といたします。

 

医療法人社団 東京朝日会 あさひ病院
病院長 金秀樹

< あさひ病院 >

< 介護老人保健施設あさひ >